「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂質やコレステロールが多く溜まった脂肪肝という病気は、肝硬変や糖尿病を始めとした多種多様な病の誘因となるかもしれません。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者しか感じないような「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者だけでなく他の人にも性能の良いマイクロホンをあてたりすると聞くことのできるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
下腹部の疝痛の元凶となる疾患には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、女性特有の疾患など、色々な部位の病気が挙がるようです。
陰金田虫というのは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌というカビが陰嚢や股部、臀部などの場所に感染し、寄生してしまった病気の事で俗に言う水虫のことなのです。
目と目を合わせることなどで、高齢者がセラピードッグのことをとても可愛いと思う時にホルモンのオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを軽減したり心のヒーリングなどに繋がっていくのです。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科処置では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法」もしくはグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス手術」という2種類の手術が熱心におこなわれています。
なんとなく「ストレス」は、「消すべき」「取り去るべき」ものと考えがちですが、実を言えば、ヒトは多種多様なストレスを抱えるからこそ、活動し続けることに耐えられます。
ポリフェノール最大の働きは水溶性のV.C.(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは性質が異なっており、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、そして細胞膜でも抗酸化作用に優れているのです。
毎日のようにゴロンと横向きになったままでTVを見ていたり、長い時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴をよく履くという癖や習慣は体の左右のバランスを悪化してしまう因子になります。
一度永久歯の周りを覆っている骨を減らすまでに悪くなってしまった歯周病は、残念ながら炎症が沈静化することがあっても、失ったエナメル質が元通りに再建されることはないでしょう。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、要するに輪っかのようなまるい形をした紅色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な病名で、病因は本当に様々なのです。
チェルノブイリ原発の事故の長期間に及ぶ後追い調査のデータによると、成人に比べると体の小さい子供のほうが放出された放射能の良くない影響を受容しやすいことが分かるのです。
暴飲暴食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、日々のストレス、老化といった様々な因子が混ざると、インスリン分泌が減少したり、機能が衰えたりして2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。
基礎代謝量というのは目が覚めている覚醒状態で命を維持していく(鼓動、口からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の維持など)ために必要となる理論上のミニマムなエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収されるのを補助する特質で有名であり、血中の濃度を調節して、筋肉の機能を操ったり、骨を作ります。