人間の体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に機能する糖質、人の細胞の新陳代謝に必ず要るタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこれらのように様々な活動を維持するために外せない要素までも乏しい状態にしている。

下腹部の強い痛みをもたらす主な疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、卵管の疾患などの病名が挙げられるでしょう。

くも膜下出血とはその80%以上が「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管が変形してできた不必要なコブが破裂して脳内出血してしまうことが要因となって発病する致死率の高い病気として認識されるようになりました。
めまいは診られないのに、不快な耳鳴りと難聴のみを幾度も発症するケースを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という名前で診断する症例も多いようです。

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を低減したり突然変異を招く悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の役割を強化するような力が明らかになっているのです。