エネルギーとしてすぐに役立つ糖質、人の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、度の過ぎたダイエットではこれらのような活動を維持するために欠かせない成分までも減らしてしまう。
期外収縮は、健康体にも発生することがあるのでさほど難しい心臓疾患ではないと考えられていますが、短時間で発作が絶え間なく起きる場合は危ないのですぐ病院へ行きましょう。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法としては大体「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術」という二者の施術が一般的におこなわれています。
メタボリックシンドロームとは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多めに付着するようなタイプのよくない肥満が存在する事に縁って、色々な生活習慣病を発症しやすくなります。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者にしか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血流のように本人と他の人にも性能の良いマイクロホンをあてると聞くことができるというタイプの「他覚的耳鳴り」があります。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を低下させたり突然変異をもたらす害のある物質を体の中で無毒化し、肝臓の役割を促進するような特徴が分かっています。
BMIを算出する式はどこの国でも一緒ですが、値の評価基準は国単位で違いがあって、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準、25以上は肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と定義付けています。
軽傷の捻挫だと決めつけて、包帯やテーピングテープで固定し、様子をみるよりも、応急処置をしてから急いで整形外科でレントゲンを撮ることが、完治への近道だといえるのです。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間で緩衝材のような役割を担っている椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい線維軟骨がはみ出してしまった症例を称します。
くも膜下出血(SAH)は90%近くが脳動脈りゅうと呼ばれる脳内の血管にできた不要なコブが破裂して出血してしまう事が理由となって起こってしまう深刻な病気として認識されています。
くしゃみや鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・異物が入っているような感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギーを起こす花粉の飛散する量に沿って悪化してしまうデータがあると知られています。
内臓脂肪過多の肥満があった上で、脂質(lipid)、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2〜3項目相当するケースのことを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼んでいるのです。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を左右するβ細胞がダメージを受けてしまったために、その膵臓からは大半のインスリンが出なくなることで発病する自己免疫性のタイプの糖尿病です。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が細くなってしまい、血流が途絶え、栄養や酸素を心筋に配達できず、筋細胞そのものが死ぬという恐ろしい病気です。
お酒に含まれるアルコールを分解する作用のあるナイアシンは、不快な宿酔によく効きます。不快な二日酔いの素因だと考えられているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化に力を発揮します。