最も問題なのは、嫌々ながら不平不満を持ちながら仕事や勉強をすることは、結果のパフォーマンスを落とすだけではなく、

致命的なミスや他人に対す る危害にまで発展する恐れがあるということである。
好きか嫌いかという以上に不倫調査 三重『自発的にやり甲斐・面白さを見つけられるセンス』が大切になってくるが、 『自分が好きと思える集中できる要素+誰か・何かの役に立って貢献できているという感覚』がなければ仕事も勉強も上手くいかないし、人生全体も苦行めいた ものになりやすい。
義務教育段階では五教科の平均を均しながら高めるような方法が重視されやすいが、人生全般における時間・労力の使い方では『自分が自発的に努力で きる結果もだせそうな領域・活動』に集中投資したほうが得られるものは多くなりやすい。
働くことや学ぶことが苦痛・義務ばかりになればいずれはその活動か ら遠ざかりやすいが、そこに楽しみ・充実・承認などを感じられれば、今やっている仕事・学びをもっと高めて極めたいとするモチベーションにもなる。