以前から、法律の知識を何も持たず始めて、司法書士試験合格に要する受験勉強時間はおおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。

事実、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は3000時間程度とのこと。
たった一人で独学にて司法書士試験合格を目指そうとするなら、自分なりに合う勉強法を試行錯誤して発見しなければいけないものです。そんな折に一等優れた方法は、合格した人たちがしていた勉強法を全て真似てしまうことです。

もとより独学でやって試験に合格することは実行可能でしょう。しかしながら、例年行政書士に関しては10人受けたとしてたった1人も合格できない難関試験となっています。それを乗り越えるには、優れた学習方法を身に付けるべき必要性がございます。
簡単に言いますならば合格最低点の「足切り点」という気になる制度が司法書士試験におきましてはございます。これはつまり、「一定の成績以下ならば、落ちますよ」との数値があるんです。

テレビCMなどでも流れているユーキャンの行政書士の試験対策講座は、例年大よそ2万名に利用されており、何にも知識を持っていない方だろうと、予備知識 がない受験生だったとしても、国家資格がとれるまでの過程を自分のものにできるといった是非活用したい通信講座とされています。