不倫している相手の正体がわかれば、夫に慰謝料その他の支払い等を要求するのはいうまでもないですが、浮気相手の女にも損害賠償等を求めることができます。
メンタルに傷を負い打ちのめされている相談者の心の隙につけ入るあくどい調査会社もあるので、信頼して大丈夫か不確実な場合は、契約書へのサインはちょっと待って落ち着いて熟慮することを優先した方がいいでしょう。
不貞行為についての調査の依頼をするにしてもしないにしても、心を落ち着けて旦那さんの怪しい挙動に関して探偵事務所に無料相談の窓口で聞いてもらい、浮気の疑惑が白か黒かに関してのアドバイスを頼んでみるのも賢明なやり方だと思います。
旦那さんの振る舞いに違和感を覚えたら、浮気をしている確率は90%と判断してもいいというほど女性の直感は侮れないものです。迅速に対処して何事もなかったかのような状態に戻すことを考えましょう。
配偶者の確実な浮気を悟る決め手は、1位が“携帯電話”で、2位は不審な“印象”ということになりました。見つからないようにすることなど考えるだけ無駄だということを悟ってください。