肝臓をいつまでも元気にキープするには、肝臓の有害物質を分解する作用が低くならないようにすること、言いかえれば、肝臓を老化させない対処法を実践することが重要だと思われます。
HIV、つまりエイズウイルスを有する精液や血液、母乳、腟分泌液、唾液等のあらゆる体液が、乳飲み子や交渉相手などの粘膜部分や傷口等に触れた場合、感染するリスクがあるのです。
スギの花粉が飛散する1月から4月の頃に、幼い子どもが体温は普通なのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした水っぱなが出続ける症状なら、杉花粉症の恐れがあるでしょう。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に働く色々な酵素や、細胞・組織の交替に深く関わる酵素など、約200種類以上の酵素を構成する要素として欠かせないミネラルの一種だといわれています。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、5日前後きちんと処方薬を飲めば、原則的に9割近くの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、食道の粘膜の炎症そのものが根治したとは言い切れないので気を付けましょう。
前触れもなく発症する急性腸炎は、大体において腹痛・吐き気・下痢を伴う程度で治まりますが、細菌感染によるものの場合はものすごい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが特徴だといえます。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20〜30代の男性症例が多く、基本的には股間の辺りにのみ拡大し、体を動かしたり、お風呂上りのように体が熱くなると強烈な痒みを招きます。
パソコンモニターの強い光を低減するPC専用のメガネがすごく人気を博しているのは、疲れ目の対策法にたくさんの人々が苦労しているからです。
健康を推進するWHOは、人体に有害な紫外線A波の度を越した浴び過ぎは皮ふ病を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する活動の禁止を広く世界中に勧めています。
薬、酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓の非常に重要な任務のひとつです。
エイズ(AIDS)とはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名であり、免疫不全を起こして些細な病原体による日和見感染や悪性腫瘍を発症してしまう病状の事を称しているのです。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今日までの研究の成果により、ワクチンの効能が見込まれるのは、注射した2週後位から150日間程と考えられているようです。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、通常なら身体を癌から守る役割を果たす物質を生産するための金型のような遺伝子の異常が引き金となって罹患すると言われています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間にあるクッションみたいな役目を持っている椎間板(ついかんばん)という名称の円形の線維軟骨が飛び出た症例の事を称します。
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常により出る湿疹で、分泌が異常をきたす原因として生殖ホルモンのバランスの崩れ、リボフラビンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な不足などが注目されているのです。