いや、 実際にはかなり色が「水っぽく古い」感じだし、食感も「ちゅるん」って感じ。

生レバーはもっと鮮やかな色だし、食感に心地よい肉感的なモッチリ感も感じられる。
第一、いい意味でのナマ肉感と癖になる血の味(実際にはないが、そういう雰囲気の味って意味)とかがまるでない。

あたかも、 河豚の白子の代わりに鱈のそれを用意してみたいな、美味しんぼの山岡士郎じゃねんだからってオチっぽい。
少なくとも、 ちゃんとしたレバ刺しを食べたことある人だと、案外納得出来ない気はするんだよね。

レバ刺しが苦手な人とかは案外いいかもしれないけどね。
(アルコールが飲めないからノンアルコールビールを飲む的なね)
あくまでも代用品だから、これならまだ馬刺しや鯨ベーコンの方に気持ちが傾いてもなあって気はするね。
てかさ、 長女の中の人くらい超大金持ちなら、牧場買収していくらでも新鮮な肉が食べ放題な気はするけど(苦笑)てかね。

原則、面的交通機関のバスは、構造的に赤字になりやすいんです。
だからこそ、最盛期よりの衰退が顕著になっているわけでね。
ちなみに。 世界の中心栃木県では、交通空白域となったところに、自治体などがバスに対して補填や補助金を出してるところがあって。