私を伸ばしたいとか、今の自分よりもスキル・アップできる会社でチャレンジしたいといった憧れをしょっちゅう聞きます。

自分の成長が止まった。それに気づいて、転職しなければと思い始める人がたくさんいるのです。
アルバイト・派遣等の仕事で形成した「職歴」を掲げてあちこちの企業に就職面接を受けに行くべきです。帰するところ就職も偶然の側面が強いので面接を何回も受けることです。

内省というものがいるという人のものの見方は、自分と息の合う職を見つける上で自分の良い点、心惹かれること、得意分野を認識しておくことだ。
【就職活動のために】面接選考では自分のどこが今回の面接において評価されなかったのかについてフィードバックさせてくれる親切な企業などはまずないので、自分自身で直すべき点を見定めるという作業は非常に難しい。

企業選びの観点は2つあって、1つ目はその会社のどんな点に興をひかれるのか、もう一つの面では、自分自身はどのような仕事をして、どのような効果を勝ち取りたいと考えているかです。