ハーバード医科大学の研究によると、通常のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くデカフェのコーヒーに変えれば、驚くことに直腸癌の罹患率を半分以上減少させることができたらしい。
自転車事故や高い所からの落下など、大きな負荷が体にかかった場合は、複数の地点に骨折がもたらされたり、開放骨折に至ったり、酷い時は内臓が破裂することもよくあります。
トコトリエノールの機能の中では酸化を遅らせる機能が殊に知られていると思いますが、この他にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが確認されています。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が動かずにじっとしていても燃焼してしまう熱量のことであり、大半を骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で占めるということです。
寝姿を見ることで、入居者が猫のことをすごく可愛いと思うことによって「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、ストレス軽減や心のヒーリングなどに結びついています。
なんとなく「ストレス」は、「消すべき」「除去すべきもの」ものとされていますが、本当のところは、人は様々な種類のストレスを抱えるからこそ、生き続けることができているのです。
患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、強い憂うつ感、不眠なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の症状が2週間以上続きます。
基礎代謝量(kcal)というのは就寝中ではなく覚醒状態で命を維持する(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに外せない基本的なエネルギー消費量のことを指します。
もし血液検査で残念ながらエストロゲンとゲスターゲンの量が足りず早発閉経(そうはつへいけい・POF)と判明した場合、その女性ホルモンを補充するような手当などで改善できます。
ストレスがかかり、溜まるという原理や、有効な抗ストレス法など、ストレスに関して詳細な知識を持っている方は、まだ少ないようです。
暗い所だと光不足によってものが見辛くなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼のピントを合わせるのに余分なパワーが使用されてしまい、結果的に日の差す所で物を眺めるより疲れるのが早くなるといえます。
黴菌やウィルスなど病気を齎す微生物、すなわち病原体が肺の中へ忍び入って発症してしまい、肺自体が炎症を起こしてしまっている有様を「肺炎」と断定しています。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、色々なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝のために欠かせない重要な回路へいれるため、再び化学分解することを支える作用もあります。
アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が切れてから4週間後には、製薬市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に取って代わる薬もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界に親しまれています。
一旦永久歯の表面を保護している骨を溶かすまでに拡大してしまった歯周病は、万が一病状そのものが治まったとしても、なくなった骨が元の量に復活するようなことはないでしょう。