体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに働く糖、細胞の生まれ変わりに絶対欠かせない蛋白質など、激しい痩身ではこの体調を整えるために欠かすことのできない栄養素までも欠乏させてしまっている。
いんきんたむしは20代〜30代の男の人多く、基本的には股間の辺りだけに広がり、運動をしたり、お風呂上りのように全身が温まると激しい掻痒感を誘引します。
老化が原因の耳の聞こえ辛さにおいてはゆっくりと聴力が低下していきますが、大半の人は60歳を超えてからでないと聴力の衰退をきちんとは自認できないものです。
内臓脂肪過多の肥満と診断された上で、脂質過多、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2項目以上一致するような事例を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と名付けています。
めまいが確認できず、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状だけを何回も繰り返すパターンのことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という名前で呼ぶ症例がよくあります。
環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると環状、つまりは円い形状の紅い湿疹や鱗屑など、皮膚症状の総合的な病名ですが、素因は余りにも多種多彩なのです。
ポリフェノール最大の特性はL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が違い、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる作用を持っています。
ほとんどの場合は水虫=足、こと足の裏にできやすい病気だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけに留まらず、全身いたる所にかかるという可能性があるのです。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ後追い調査のデータでは、成人に比べて子供のほうが飛来した放射能の被害を受けやすくなっていることが理解できます。
H17年から新しく特保(トクホ)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文言のプリントが義務化している。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを補助する作用で知られており、血液中の濃度を調節して、筋肉の動作を微調整したり、骨を作ったりしてくれます。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が切れてしまった後に販売され、新薬と同一の成分で自己負担分を低くできる(クスリの金額が廉価な)後発医薬品のことを指しています。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一種のイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌されている解毒酵素の機能的な生産をサポートしているかもしれないという可能性がわかりました。
スギの木の花粉が飛ぶ時に、小さな子どもが体温はいつもと変わらないのにクシャミを連発したりサラサラした鼻水が出続けているような状況だったなら、もしかすると杉花粉症かもしれないのです。
20〜30才代で更年期になったとすれば、医学用語で表すとPOFという病を指します(日本においては40歳未満の女性が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(POF)」と呼んでいます)。