汗疱(かんぽう)とは手の平や足の裏、指の間などにプツプツとした水疱が現れる病気で、通常は汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出現すると水虫と早とちりされることもあります。

World Health Organizationは、紫外線A波のデタラメな浴び過ぎはお肌に健康障害を引き起こす恐れがあるとして、19歳未満の人が肌を黒くする日サロを利用する行為の禁止を世界各国に提案しています。

ポリフェノール最大の特性は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは性質が違い、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を予防する効果をいかんなく発揮します。

既に歯の表面のエナメル質を浸食するまでに放置してしまった歯周病は、もし症状自体が落ち着くことはあっても、失った骨が元の量に戻るようなことはまずありません。

メタボリック症候群であるとは言われなかったとしても、臓器の脂肪が付着する性質の悪質な肥満が確認されることに縁って、重い生活習慣病を起こす可能性が高まります。